So-net無料ブログ作成
検索選択

首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏(産経新聞)

石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が17日午後にも、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同罪違反で起訴=を任意で事情聴取することが同日、関係者への取材で分かった。

 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けた再捜査の一環。石川被告への再聴取では、政治資金収支報告書の記載内容をめぐる小沢氏とのやりとりを中心に聴き、小沢氏の虚偽記載への積極的関与などを改めて確認。小沢氏と石川被告らとの共謀が立証できるか否かを判断する。

 検審は4月27日の議決で、石川被告や元会計事務担当で元私設秘書、池田光智被告(32)が「収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを重視。この供述を「直接証拠」と評価し、小沢氏と元秘書3人の共謀が成立すると認定した。

 これに対し、小沢氏は1月に行われた聴取で「記載内容について報告を受けたことはない」などと主張。今月15日に行われた3回目の聴取でも、虚偽記載の関与を全面否認した。

 特捜部は石川被告と池田被告、元会計責任者で元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)に再聴取、月内にも改めて小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。

【関連記事】
小沢氏3度目聴取 厳正な刑事処分を求める
小沢氏、改めて虚偽記載への関与否定か 「率直に事実経過を説明」とコメント
猫かぶり作戦!?小沢氏、事情聴取受諾の思惑は?
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」
採決時に混乱 “小沢ガールズ”三宅氏が転倒
少子化を止めろ!

体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団(医療介護CBニュース)
<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
谷亮子さん 参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)

【さまつな楽しみ】編集局次長 森脇睦郎 通勤電車あの人の眠り方(産経新聞)

 生活の不規則さが自慢の新聞社勤務であっても、部長、局次長などといういわゆる管理職になると、毎日、同じ時間帯に出勤する規則性が生まれてくる。すると当然、ほぼ同時刻に自宅を出て、同じ電車に乗る生活だ。人間とは不思議なもので同じ時刻の同じ電車に乗るときは同じ車両を選び、しかも同じドアから乗り込むようになる。

 異なるのは乗ってからで、込み具合やすでに乗ってきた人たちの立ち位置によって自分の居場所が決まる。しかし車両の中を見渡すと、いつもと同じ顔ぶれが集まっていることがわかる。いつも立っている人はやはり立ち、いつも座っている人は座っている。そして、いつも眠っている人はいつ見ても眠っている。

 睡眠スタイルだけはみな個性的だ。車窓を背にして座るロングシートのほぼ中央で、ひざの上にかばんを置き、両手をがっちりと組む。前方に少しだけ頭を傾けて微動だにしない「通勤睡眠」のお手本を披露している中年男性もいれば、後頭部を車窓にもたれかけさせて顔を上に向け、口をぽかんと開けた全開スタイルの若い女性もいる。

 そんななか、とびきり個性的な常連女性がいる。長い髪が顔にかぶさり一度も顔を見たことがない。服装からすれば20代後半から30代前半というところだろう。片側に上半身を大きく傾け、隣の乗客にもたれかかっている。相手の肩を枕に、恋人のように独占状態だ。他人に全身全霊を委ねるような眠り方。これまで、あれほどのもたれかかりようは見たことがない。

 隣の乗客はほとほと困った表情である。「こりゃどうにもならん」とあきらめ顔だったり、不快さをにじませながら耐えていたり。ときどき肩をゆすって起こしにかかる人もいる。気づいた女性は一瞬まっすぐな姿勢に戻るが、電車が動き出すと、またしっかりもたれかかる。隣に座ったら大変だ。

 あるとき、電車が停車駅に近づいて、もたれかかられていた乗客がすっと立ち上がる場面があった。いつものように女性は全身を委ねて眠っていたから、支えを失って横倒しになるはずである。ところが、女性の上半身はもたれかかっているときの形のまま崩れない。次の停車駅が近づき、今度は逆隣の乗客がかばんを持って降車の態勢に入った。ついに両隣が空席になる。隣の乗客との摩擦力で転倒せずにいたなら今度こそ支えを失って倒れるはずだ。その瞬間を目撃すべく、まばたきを我慢してまで待ちうけた。が、なぜか倒れない。傾斜約60度の姿勢を保ったままだ。目的の駅に着くと女性は何事もなかったかのように立ち上がり、さっさと電車を降りた。隣がどうあれ、大きく傾斜して眠るのが女性の睡眠スタイルだったのである。

 通勤電車は眠い。座れず眠れずだとくやしいものだ。しかし、人間観察の絶好の場だと思えばくやしさも楽しさに変わる。

皇后さまが赤十字大会に(時事通信)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
<交通事故>山陽道で3台衝突 1人死亡2人けが…山口(毎日新聞)
偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
3歳男児、マンション13階から転落死?(読売新聞)

普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島について、「かりに徳之島でお願いをするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」と指摘。その後の参院外交防衛委員会でも、地元で大規模な反対集会が開かれたことに関連し「島の住民の半数が反対を訴えたことは極めて重く受け止めなければならない」と述べた。

 徳之島移設案を巡っては民主党鹿児島県連の川内博史代表が19日、鳩山由紀夫首相に撤回を申し入れている。政府は地元自治体に正式に移設案を打診する方針だが、交渉は一層困難になったとの認識を示したものだ。

 これに関連し、鳩山首相は20日午前、記者団に対し、普天間問題の「5月末決着」が実現しなかった場合について「5月末までに決着すると申し上げているわけですから、その決意をもってやるのみだ」と述べ、自身の進退についての言及は避けた。【仙石恭】

【関連ニュース
<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
<普天間移設>「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相
<写真で見る>米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
恒久減税、議員報酬半減条例案を否決=名古屋市議会委員会(時事通信)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
<ミシュランガイド>東京版に横浜と鎌倉を追加 11月発刊(毎日新聞)
元大和郡山市議に無罪=詐欺罪で起訴、懲役4年求刑−奈良地裁(時事通信)

苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)

 小学6年と中学3年を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日、終了した。過去3回の調査で理解不足が判明した分野が重点的に出題されたほか、論理的な思考力や表現力を問う問題、実生活に即した設問が引き続き多かった。
 文部科学省は7月中下旬をめどに集計結果を公表する。
 テストは国語と算数・数学の2教科で、基礎知識を問うA問題と、知識を実生活に活用できるかを試すB問題がある。問題数はそれぞれ10〜36問で、昨年とほぼ同量だった。 

【関連ニュース
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
テスト点数かさ上げ=教員が誤答を書き換え

明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
クレヨンしんちゃん 小児がんと闘う子供と家族ら、試写に(毎日新聞)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
「維新の会」、大阪府議会で単独第2会派に 橋下新党きょう旗揚げ(産経新聞)

<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)

 川端達夫文部科学相は13日の閣議後会見で、23日に始まる「事業仕分け第2弾」に関連して「研究開発系の独立行政法人は五つくらいに整理できる」とした枝野幸男行政刷新担当相の発言に「まだ仕分けもされていないのにいかがかと、日曜(11日)の夜に電話してご陳情申し上げた」と述べ、直接苦言したことを明らかにした。

 仕分け第2弾は54独立行政法人が対象で、うち文科省所管が16法人と最多。このうち、研究開発系の法人について、枝野刷新相は10日の講演で「せいぜい五つとか、多くても10個ぐらいに整理できる」と述べた。文科省所管の大学入試センターの民営化検討という発言にも、川端文科相は「受験生や保護者の不安に配慮しなければいけないし、経済効率だけでどうなるという話にはならない」と述べた。仕分け作業は23日から4日間だが、早くも前哨戦の様相だ。【山田大輔】

【関連ニュース
事業仕分け:支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に
事業仕分け:独法、57の研究系を整理統合 人件費削減へ
事業仕分け:第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に
事業仕分け:当選1回の衆参議員95人が「調査員」に

女子大生の財布狙う 窃盗未遂容疑、文科省事務官を逮捕 警視庁(産経新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
現場吸い殻のDNA鑑定で逮捕=男2人、恐喝容疑−福岡県警(時事通信)

健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)

 全国の健保組合で構成される健康保険組合連合会(健保連)は4月7日、景気低迷による保険料収入の減少などで、今年度の健保組合全体の赤字額が過去最悪の6600億円に膨らむ見込みだと発表した。赤字額は昨年度から398億円増となる。対馬忠明専務理事は同日の記者会見で、「賃金が全く上がらない中で、保険料率の引き上げも視野に入れながら対応していかなければならない」と述べた。

 集計結果は、今年度予算データの報告があった1313組合の数値を基に、全1462組合(4月1日現在)ベースの予算状況を推計したもの。

 全組合平均での保険料率は7.616%(昨年度比0.187%増)になったが、被保険者や平均標準報酬月額、平均標準賞与額の減少などによって全体の保険料収入は昨年度比1.36%減り、経常収入では2.20%の減少になる見通しだ。特に賞与額の減少が著しいという。経常支出も1.43%減少するが、今年度の経常収支は過去最悪の6605億円の赤字になると推計している。

 赤字組合は57組合減り、1295組合(全体の88.58%)になると推計。赤字組合の割合は昨年度の91.04%からやや改善する見通しだが、健保連では「依然として厳しい状況が続いている」と見ている。
 経済・雇用情勢の急激な改善が期待できない一方、法定給付費や納付金などの増加が見込まれるため、健保連では来年度以降も財政状況が一層深刻化し、危機的な状況に陥ると懸念している。

 今回の予算には、国会で審議中の全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが「肩代わり」する特例措置を盛り込んだ法案の影響は加味しておらず、法案が成立した場合は今年度に330億円、来年度に500億円のそれぞれ負担増になるという。健保連は、同法案の修正を求め意見広告などの活動を続けてきたが、13日には衆院厚生労働委員会に出席し、意見陳述する予定だ。


【関連記事】
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連
街頭ビラ配布で国庫負担肩代わり反対訴え―健保連
協会けんぽ保険料年2.1万円アップ―平均年収の加入者

<遭難>2人目の死亡確認 中央アルプス・宝剣岳(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 老獪答弁、次はあるか(産経新聞)
行政・議会もツイッター「ニセ県庁」まで登場(読売新聞)
<犬山祭>満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
<富良野塾>「僕が一番学んだ」 閉塾で倉本さん(毎日新聞)

鳩山首相、連合滋賀幹部らに参院選の協力要請(読売新聞)

 鳩山首相は3日、滋賀県を訪れ、京セラの太陽光発電パネル製造工場のほか、幼稚園保育所を併設した「幼児園」などを視察した。

 首相は1月下旬から週末を使い、夏の参院選で1人区となる県の視察を続けており、これで5県目となる。

 首相は大津市のホテルで開いた民主党県連関係者や連合滋賀幹部らとの会合で、自らの資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件に触れ、「ご迷惑、ご心配をおかけしていることを申し訳なく思っている」と陳謝し、参院選に向けた協力を要請した。

「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加−大阪府議会(時事通信)
<長官狙撃事件>アレフが削除求める 警視庁の捜査結果概要(毎日新聞)
久保が初防衛=将棋棋王戦(時事通信)
前納金返還認めず 4月以降 入学辞退側が逆転敗訴 最高裁(産経新聞)
積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)

プランターの乳児2遺体、妊娠6〜9か月(読売新聞)

 大阪西淀川区のマンションベランダにあったプランターから、乳児とみられる2遺体が見つかった事件で、大阪府警西淀川署は31日、司法解剖の結果、最初に見つかった遺体は妊娠9か月程度の男児、白骨化した遺体は妊娠6〜7か月で性別不明と発表した。いずれも外傷はなく、死因は特定できなかった。

 同署によると、死体遺棄容疑で逮捕した佐久真久仁子容疑者(37)は「2人とも死んで生まれてきた。同居の元夫らに知られたくなかったので埋めた」と供述している。

JWALK中村容疑者、覚せい剤・コカインで起訴(読売新聞)
「5月決着」へ協議継続=普天間移設−日米外相(時事通信)
チューリップ700本折られる 大阪・鶴見緑地(産経新聞)
ペコちゃん盗、「社会的影響大きい」と実刑(読売新聞)
自衛隊機の民間転用を推進=次期輸送機納入式で防衛相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。